お酒に関連する商品を喜寿ギフトに選ぶ

喜寿ギフトの種類には、お酒に関連するものが多く、用途に合わせて多彩に選べるようになっています。ボトルのデザインが多彩で、ラベルを名入れにすることも可能ですので、感謝の気持ちを込めることが容易になります。さらには、季節感のあるデザインを作る場合においても、旬が明瞭なために選びやすくなるわけです。

日本酒を喜寿ギフトに選ぶ場合には、原料の生産地から選んでみてはいかがでしょうか。おじいちゃんやおばあちゃんに対して贈る場合には、出身地で生産されている酒米を使った日本酒を選ぶことができるのです。あるいは、出身地の酒蔵の商品を取り寄せるだけでも、優しい心遣いが伝わるはずです。

喜寿ギフトには歴史を感じさせるような魅力を与えるためには、熟成させたお酒を選ぶことがおすすめです。喜寿の年代と同じくらいに長く熟成させたお酒を取り寄せることは難しいですが、20年程度の古酒を選ぶ場合であっても、感謝の気持ちは十分に伝わります。熟成酒であればワインやウィスキーが有名ですが、日本酒や焼酎の古酒を選んで贈ることもおすすめできます。熟成酒を喜寿ギフトに選ぶときには、生まれた日の新聞を一緒に添えることも人気の演出です。

喜寿ギフトとしては、お酒の美味しさを際立たせるための酒器を選ぶことも人気です。ビールのジョッキやワインのグラスには、名入れの加工をしてもらえば、喜寿のお祝い品として適切なデザインに生まれ変わります。日本酒を飲むための器についても、名入れにして独特なデザインを作ることは、現在では容易に行うことができます。素材の種類については、夏場には清涼感のあるガラス切子を選ぶ例があります。冬の季節には、燗酒に使うための酒器を名入れにして選ぶのも賢い方法です。

華やかで贅沢な内容にしたい場合には、お酒や酒器をセットにして選ぶと効果的です。名入れのシャンパンに対しては、繊細な造形美が特徴のグラスを添えると、全体的に見ても豪華さが際立ちます。

ページの先頭へ